Skip to main content
aboutwork

原画を破り捨てたい時はズバリ!

  2002/1/136月 9th, 2022コメントなし

原撮の準備をする時でしょう。
カッティングに向かって撮影素材の準備をしていました、この間。数百カットの原画をカット袋から取り出して一枚一枚コピーしないといけないのはまさに地獄…と言いたいところですが、助けてくれる同僚や上司や後輩がいるのにまたこんなことを言うと、本当に罰当たっちゃいそうでやめましょう。
たかが原画コピー。されど原画コピー。でもね、百か二百カット単位でやってしまうと
f:id:elielin:20050110001013:image
…手がこんな風になります。痛いです。
でも男の子達はみんな何ともなかったのにな…。どうやらコピー用紙に触りすぎたのが原因で、指先の皮が擦り剥かれ、先端がボロボロになりました。さらに紙に切られ、両手が最高合計十三枚もの絆創膏を巻いてました。ああっ、皮膚が乾燥していたせいもあるかもね。
しゃべり方も振舞いも上品さが足りませんが、手のひらだけはお嬢様…みたいですね。

elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

コメントを残す