Skip to main content
aboutelielin の日常

咳が止まらない

  2003/10/166月 9th, 2022コメントなし

このままでは死んでしまうかもと思ったぐらい咳をしたのが初めてです。おしゃべりな性分のせいか、風邪を引いたときはいつものどにくる、もうぺらぺらしゃべるのをやめろと、神さまが言ってる様に。困りますね、神さま。
会社を辞めてからもうすぐ一ヶ月、日々充実と言いたいところだが咳が止まらないのでここ三日間やらないといけないことが溜まり始めました。ああっ、やな展開。がんばらないと状況に飲み込まれそうだけど、なんだかがんばれる体調じゃないような気もします。
まあ、寝れば何とかなる、と姑息に思っています。健康保険切れていますから。
話が変わりますが、先々週あたりに、自分の時間がかなりできましたので、たまに東京散策。帰りにスーパー寄って食料でも補充しようと思ったら、なぜか米がない…白い米がないんでした。5キロ包装の方はありましたが、2キロ包装のがありませんでした。棚の横にあるメモによると、どうも10月15日までには白い米は入荷してこないようでした。しょうがないのでしぶしぶと胚芽精米を買いました。薄茶のかかったご飯は視覚的に慣れない部分がありますが、味はまあおいしい感じもしますので一応OK。ただ日本にいるのに白い米が食べれないとは、少しショック。
さて、10月15日がきて、そろそろお米も切れまして、今度こそと思ってスーパーに行ってみたら、いつも買っていた米の値段は堂々と1.5倍増…日本に暮らして今年で四年め、初めて米を買うのに戸惑いました。何せ1.5倍ですから、ちょっと待てよと心の中で叫ぶ。冷夏ってこわいですね〜
まあまあ、平成五年頃の米騒動と比べれば、まだまだ全然いい方ですね。と思いながら、また胚芽精米を買った私でした。
…タイトルとあまり関係のない内容でごめんなさい。

elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

コメントを残す