Skip to main content

グルラボで蘿蔔糕(台湾式大根もち)を作るという狂気の沙汰。

日本で作るなら在來米粉はアマゾンで買えるが、600g 約 1000 円との舶来品価格。コストは現地の5倍ぐらいなので貴重すぎる蘿蔔糕となる(爆汗)

蘿蔔糕は温めてそのまま食べても良いが、焼いたりするのが相場。炒めるのも良いかと。

材料(2食分)

  • 大根 300g
  • 在来米粉 160g
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩 小さじ2/3
  • お湯 350ml
  • 水 200ml

ざっくり作り方メモ

  1. 大根を千切りスライスし、グルラボのラージカプセルに入れる。
  2. ①にお湯 350ml を注ぎ、サラダ油と塩も入れて混ぜ、蓋をして 700W で5分。
  3. その間に在来米粉を水で溶かす。できた②に入れて混ぜる。混ぜる時にほとんど粘土みたいで抵抗がすごいけど、負けずに大根と米粉汁が馴染むまでしっかりと混ぜるように。混ぜたらトントンして空気を抜く。
  4. 蓋をして 500W で 10 分〜12 分(いっそ 15 分~20 分でも良い)レンジから出してから竹くしで刺し、米汁が付いてなかったら OK。付いていたら、またレンジに戻して5分ぐらい単位で加熱。
  5. 熱々のうちだと柔らかくて崩れやすいので、冷やしたり放置したり(2時間以上かかる)して、ちゃんと冷ましたのちに容器から出す。
elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

返信する