Skip to main content

しばらくは過去の食レポが多めで申し訳ない。ラーメン続きもちょっとアレなので、もうすぐ桃の節句を迎えるから、去年の暮れに訪ねた、スプリングなかわいいドリングのある小さなお店を。

タイムラインに流れてきた中野経済新聞の記事を見て、さっそく行ってみたレンガ坂上の桃園通り。11 月 5 日オープンしたばかりの、桃をテーマにしたドリンク屋さん「はいから喫茶 桃花園」の一押しメニュー「飲む桃」(600 円)を頂く。

生クリームに桃スムージー、下の透明な桃ゼリーが実に美しい (๑´∀`๑) センスの良い使い方! インスタ映えでも美味しい飲むデザート。

まあインスタ映えといえば、店全体が映え狙いだと思う。桃色尽くしの空間の中、大量のカラフル駄菓子がカウンターに置いてある。「写真を撮って帰りや」よりも、「写真を撮りにきたのでしょう? よくてよ」みたいな雰囲気。店側はもちろん撮影大歓迎。

メインはテイクアウトだけど、5席(2卓)ほど席も用意してある。本当は長居するのが申し訳ないと思いつつ、お店の人と話が盛り上がって、ちょっとしたインタビュー気分で1時間ほど長居してしまった……客のいない時間帯だけど、なんだか申し訳ない感じ。

売り出し中のバンドや劇団の方々に、収入確保できる働く場所として立ち上げる店主の心意気に感銘するのや、桃尽くしのコンセプトがとてもお気に入りなので、繁盛していろいろと新商品開発してほしいね (*´ω`*) 

店舗情報はマップピンをクリック

撮影時間:2019 年 11 月 6 日
注文内容:飲む桃

elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

返信する