Skip to main content

異邦人にとって、中野北口エリアの路地はちょっとした迷宮。

雨の日。重度の方向オンチが通常運転し、普通に逆走して見慣れない路地に迷い込んだ。うろうろしていたら、看板が目に留まったミュージックカフェの隣に、おしゃれバーみたいなラーメン屋さんがあると気付いた。

なにこの隠れ家的な……看板を見てみると、「鵺」(ぬえ)との読みづらい名前のお店。店外に賞歴と雑誌の紹介記事が貼ってある。ざっと読んでから入った。

鶏白湯で有名なお店らしく、内装がまるでバーのようなわけは、もともとバーだったからだ(83 へぇ)その日にはなんとなく卵が食べたいので、特製鶏白湯そばを頼んだ。

美しい。

マスター(?)の接客は親切に丁寧。チャーシューを炙る段階で溢れる香りだけでもう幸せな気分になれる。スープが実においしい。

そして半熟卵の出来具合を見てものすごくびっくりした。この絶妙な固さは一体どうやって……うむ、大好き。あとで撮った写真を確認したら、断面の美しさはもはや芸術品。すばらしい。

あとメニューにある「キム玉ごはん」もすごく気になるが、体重も気になるので……今度シェアできる誰かさんを連れてこられたらまた頼もう。

書いててふっと「鵺」って「夜の鳥(鶏)」の意味なのかとハッとする……とにかく彼女や奥さんを連れていくと(よほど食にうるさい人でなければ)喜んでくれる店だと思う。

ロサンゼルス在住だが、仕事でプライベートでよく東京に来る友人がいる。彼も自分とほぼ同じような感じで、そのバーのような雰囲気に惹かれ、入店したらすっかり虜になったと。それから毎回東京に来る際には、ひとりでも知り合いを連れても、できるだけ鵺には訪問するみたい。そんなにこの店が好きなのかと聞いたら。

「ウィスキーも飲めるからな」

だって。

異邦人をも誘い込む魅惑な鵺、また行きたいね。

店舗情報はマップピンをクリック

撮影時間:2018 年 7 月 6 日
注文内容:特製鶏白湯そば

elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

返信する