Skip to main content

2013 年頃は台北の西門町のジムに入会したから、一年ほどその近辺に出没していた。なんとなく牛肉麺屋さん多いなあ、とのなんとなくから、気まぐれで牛肉麺を食べていくと決めて店を回った。

濃いめの味が苦手なので、コンソメスープベースの清燉牛肉麵中心だが、いつのまに「マイ牛肉麺データベース」みたいのができた。たまに友人におすすめ聞かれたりするので、思えばそれなりに需要があるかもしれない。感想も写真も古いデータで時系列も無視するけど、ここを借りてまとめてみよう。

最初の一軒は「劉山東牛肉麵」にしよう。昨日も台湾に遊びに来た日米連合軍の友人にすすめたばかり。清燉牛肉麵を語ると、おそらく台北一だと思うお店。

1951 年創業で、もうすぐ 70 周年の老舗。回転が早いけど、食事時間になるとなにかと待たなきゃいけない人気店。さっそく清燉牛肉麵を。

麺は主張の強い太麺。うどん並の太さは台北でもめったに見ない。しっかりした歯応え。しかし牛肉も負けてない。台湾牛肉麺の牛肉は、すね肉を使うのがポピュラーだが、ここの清燉牛肉麵は台湾産牛肉のばら肉を使う。スライスだけど、牛肉の味が濃くて噛みごたえが十分。好み(≧∇≦)

そしてスープ。濃さの違う二種類の牛骨スープのほか、漢方を用いる薬膳スープともブレンドする独自のレシピ。旨味と香りのバランスがとてもステキ。

ちなみに紅燒牛肉麵にはオーストラリア牛のすね肉が使われる。煮込んでも醤油ベースの濃いめスープに負けない味の出る牛肉が必要だから。

調べたら、2018 年から始まったミシュランガイド 台北のビブグルマンを二年連続獲得したとも。時間の余裕がないとか、台北で牛肉麺を一杯しか食べれないのなら、ぜひここの牛肉麺を召し上げれ。

ただたまにキズ(?)というか、路地の奥に隠れているので、見つけにくいかもしれない。地元のお友達に案内してもらうか、ちょっとした探検気分でいくといいでしょう。実は大通りからそんなに遠くないの。

店舗情報はマップピンをクリック

撮影時間:2013 年 10 月 9 日
注文内容:清燉牛肉麵

elielin

数年前は東京でアニメ制作進行をやってた台北在住の台湾人編集者です。おたくでもギークでもないと思うけど、そう思っているのがお前自身だけだと周りから言われています。時々中野区に出没。

コメントを残す